広島ブレストセンター
中央通り乳腺検診クリニック
お問い合わせ
乳がん検診内容

検診内容
  • 乳がん検診/診断
  • 乳房に症状がある方の検診および診察
  • 要精査(再検査)と診断された方の再検査

国は40歳以上の女性に対して、2年に1回のマンモグラフィ(乳房専用X線撮影)と視触診による乳がん検診を受診するよう指針を出し、広島でも乳がん検診の促進に力を入れています。

乳がん検診は高い専門性と技術の必要な検査です。当クリニックでは、マンモグラフィと視触診による乳がん検診に加え、超音波検診(エコー)など、状況に応じた専門的な検査を行います。

視触診

乳房の乳腺の部分にしこりがないか触診します。
わきの下や首のつけ根などを調べていきます。

マンモグラフィ

マンモグラフィは、乳房専用のX線撮影装置です。乳房をプラスティックの板に挟んで撮影します。
検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師A判定の女性技師が撮影を行います。

マンモグラフィ機器
超音波検査(エコー)

胸から脇の下まで超音波でチェック。超音波では、乳腺は白く、がんなどの腫瘍は黒く映ります。乳腺の発達した20歳代、30歳代の方でも超音波での検査を受けることができます。もちろん、40歳代以上の方もマンモグラフィに超音波での検査を追加して行うことでより発見率が高くなります。

超音波検査

※検診内容につきましては、ご予約時にご相談ください。

Copyright © 2008 "HiroshimaBreast Center" All Rights Reserved.